冷え性を解消する対策ナビ


あなたはたかが冷え性(冷え症)と甘くみてはいませんか?

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-tig93_buranketnikurumarerujyosei

男女問わず年々増え続ける現代病の一つ冷え性(冷え症)

男性は少ないイメージを持たれがちですが最近では4人に1人は悩まされていると言われ、

女性に至ってはなんと7~8割にもなるそうです。

 

近年では、子供や高齢者にも増えてきてるといわれまさに年代問わず

増え続けている現代病といえます。

 

いきなり深刻な症状になることはありませんが、そのまま放っておくと

ひどい場合には仕事を続けることさえもままならなくなり、

退職せざるを得ない人学校へ通学出来なくなる子どもまでも

出てきているのです。ですから、自分は関係ないと思わず症状を把握して

しっかりと対策予防していきましょう。

 

冷え性(冷え症)とは簡単にいってしまえば

「身体が冷たい」 「手足の指先が寒い」

などの症状が一般的イメージですが、それだけではありません。

その体の冷えからは様々な症状を引き起こします。

 

目次

1.冷え性(冷え症)とは?

5-1.野菜や果物の正しい食べ方知って冷えない食べ方をしましょう


1.冷え性(冷え症)とは?

それでは冷え性(冷え症)とはどんな状態のことを言うのでしょうか?

 

一般的には体の手足などがいつも冷たい状態のことを言い、

体温を保つため熱を作り出し、常に温かい状態なのですが、体にエネルギーを

運ぶ血流が悪くなると毛細血管までエネルギーが行き渡らなくなるために

体が冷える状態になり、寒いとか冷たいと感じてしまうのです。

 

冷え性(冷え症)の人は手足などが冷たく感じるだけでなく、

耳や腰太ももなどが冷たくなりますし顔色が悪くなる片頭痛がする

体を動かすと倒れそうになる熟睡できない疲れやすい

など様々な体の不調が現れます。

 

また、冷え性(冷え症)気力集中力・精神状態にも影響して、

イライラしたり落ち着いて仕事ができないなど、

様々な症状を引き起こす場合があります。

 

自分では気がつかないうちに体の不調が進んで、冷え性(冷え症)

進行する場合もありますので、手足が冷えるような場合は気をつけなければなりません。

 

主な自覚症状としては、

手足がいつも冷えていてなかなか温まらない肩こりがひどい

朝起きるのが辛い暑い夏の日でもほとんど

汗をかかないトイレが近い顔色が悪い疲れやすい熟睡出来ない

下痢や便秘を繰り返すなどです。

 

このように冷え性(冷え症)は様々な症状が考えられますし、自分では

気づいていなくても根本的な原因になっている場合もありますので

軽視せず、もう一度考えてみましょう。


2.冷え性(冷え症)の原因とは?

そもそも冷え性(冷え症)の原因はどこからくるのでしょうか?

 

tsuruno4_tp_v

 

2-1.あなたも気づかないうちに外と中から冷えを取り込んでいます。

 

今の日本は昔に比べて非常に過ごしやすく豊かになりました。

24時間年中無休のコンビニがいたるところにあり、のどが渇けば冷たい飲み物が

冷蔵庫や自動販売機でいつでも手に入る便利な世の中になりました。

しかしその反面、こうした生活が私たちの体の冷えを引き起こしている原因

なっていることも忘れてはいけません。

冷え性(冷え症)と大きな関わりのある、体温調節機能を狂わせている

一番の原因と言われているのが冷房です。

これは人間が本来持っている生命力を縮める元凶といっても過言ではありません。

ということは、

冬の冷えよりも夏の冷えの方が外側からの冷えは問題なんです

冬はもともと寒いので血管も縮まり、洋服を着て防寒をするほかないでしょう。

しかし夏は汗をかくため毛穴も広がっています。そこへ冷房などの冷気があたれば

体は一気に熱を奪われ冷えがどんどん入り込んできます。

もう一つの冷えは食べ物や飲み物など口から入ってくる内側にくる冷えです。

キンキンに冷えたビールやジュース、アイスなど容易に手に入る世の中です。

今では夏意外でも一年中冷えた飲み物を口にしてるのではないでしょうか?

本来、人間が体に入れてよい最低の温度というのは決まっていて井戸水くらいの

冷たさ(14~15度)がよいとされています。ということは冷蔵庫の飲み物と比べて

10度以上の差があることになります、体に良いはずがありません。

私たちが普段何気なく飲んでいる飲みのも冷えの原因となっているのです。

 

 

 

2-2.実は甘いものでも冷えの原因になるんです。

 

砂糖の原料となるサトウキビは特別に暑い土地で育ちます。南国産の野菜や果物は、

体を冷やす陰性の食品でサトウキビを精製してつくる砂糖は特に極陰性の食材です。

極陰性の食べ物には他にもトマトじゃがいもバナナなど体に良いとされている

食べ物が実は冷え性(冷え症)の人には良くなかったりするんです。

疲れるとすぐに甘いものが欲しくなる人は舌の中央に白いコケがついている人は

砂糖のとりすぎですので注意が必要です。だからといって陰性の食べ物を

全く口にしないのは栄養が偏ってしまうのでよくありません。

あくまで体の冷えに注意しながらバランスの良い食事を心がけてください。

 

 

冷え性(冷え症)でお悩みの方へ

 

  • 末端が冷たい
  • 寒くて寝付きが悪い
  • めぐりを良くしたい
  • 夏でも冬でも冷える
  • 下半身があたたかくならない
  • 美容トラブルが出る
  • すぐだるくなり、やる気が出ない
  • 体型が気になる

 

これらの悩みを解決してくれるサプリメントに

あなたは興味ありませんか?

 

詳しくはこちら

 


3.シャワーばかりの生活を送っていませんか?

 

takebe160224090i9a0695_tp_v

 

 

現在では、マンションなどユニットバスなども多く面倒な手間もいらないので

若い人や一人暮らしの人はシャワーですませてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこういった習慣も体に冷えを貯めていってしまっています。

 

 

3-1.冷えを解消するには入浴で体温をあげる。

 

それでは、シャワー浴槽に浸かる入浴とではどんな違いがあるのでしょうか?

入浴には体温をあげて冷えを解消する効果がありますが、シャワーだけでは

体の芯から温めることはできません。

冷えを取りきれないまま翌日を迎える為、徐々に冷えが蓄積され

結果的に冷え体質の体へとなってしまいます。

特に夏は入浴するのを避け、シャワーですませる方が多いと思いますが

本来はクーラーで体を冷やしている夏こそ、ぬるめのお湯にゆっくり浸かる

入浴をオススメします。

また、シャワーだけでは交感神経が優位なまま緊張状態が続く為

疲れもうまくとれません。

逆に、浴槽につかる入浴は体を芯まで温め自律神経のバランスを整えて

副交感神経が優位になるので身体をリラックスさせ、疲労を回復させ、

おだやかな眠りも誘います。

入浴することでお湯の水圧により血管やリンパ管が圧迫され血行が良くなり、

全身の代謝が活発になる効果もあります。

 

 

 

3-2.熱すぎるお湯では芯まで温まらない

 

冬などは冷えた体を暖めようとお湯の温度を上げがちですが、熱すぎるお湯に

入浴しても皮膚の表面を守ろうとバリアをつくるため、中に熱を入れないように

するため体の表面だけが熱く、体の芯は冷えたままという状態になってしまいます。

熱いお湯に入るのが好きな人は既に冷え性(冷え症)が始まっている

サインかもしれません。あくまで入浴はぬるま湯にゆっくり浸かるようにしましょう。

ただ、熱いお湯は交感神経を刺激して心臓の拍動を活発にしてくれます。

ですので、朝の目覚めが悪い方は熱めのシャワーを浴びて一日をスタート

させるのも良いと思います。

 

 


4.ビールやアイスを食べる時に気をつけたいこと

 

pp_bear-thumb-autox1600-12584

 

寒い冬でもアイスを食べたり、冷えたビールを飲む人は結構いるのでは

ないでしょうか?

しかし、冬の体は一日中寒気にさらされているので体の芯から冷えています。

 

どんなに暖房が効いた部屋にいても体の芯は温まっていません。

そこへ冷たいビールを飲むということはさらに体の内側から

冷やしているのです。

 

よくビールを飲むと体が熱くなりますが、あれはアルコールの作用

皮膚の表面が火照っているだけなんです。

火照れば汗をかきさらに体を冷やします。ビール以外でもアルコール類は

ほとんどが陰性の飲み物なので体を冷やします

 

ですから、おつまみや食べ物に体を温めるものを用意して中和するように

心がけてください。お酒を飲みたい人でも、お燗をした日本酒

焼酎のお湯割りなどにしましょう。

 

日本酒は体を温める数少ないアルコールになります。

同じようにアイスも冷えのもとです。アイスは氷の塊と同じですから極度な

低温食品です。さらに砂糖も多く含まれており、陰性の為さらに体を冷やします。

 

ですので、冷え性(冷え症)の方は極力アイスは避けたほうがいいでしょう。

本来、冷たいものや熱いものを口にするときは人肌くらいにして飲み込むように

するのが、理想的であり健康を守る秘訣だということを覚えておいて下さい。

 


5.健康に良いとされている野菜や果物が

冷えの原因となることも

alpha-8034540_fhd

 

生野菜果物は美容や健康に良いと思って毎日食べている人も多いと思います。

生で食べることによって酵素を取り込むことができ、煮炊きによるビタミン

ミネラルの減少も抑えて栄養もとることができます。

しかし、間違えた食べ方で大量に生野菜果物をとることはオススメできません

 

5-1.野菜や果物の正しい食べ方知って冷えない食べ方をしましょう

 

たとえば、サラダにかかせないレタスきゅうりトマトなどは陰性

食べ物にあたり体を冷やす食材になります。ただ、だからといって野菜を

取らないわけにはいきません。ですので、朝は生野菜、夜は温野菜にするなどして

バランスよくとるよう心がけましょう。

 

 

 

5-2.体を冷やす野菜、温める野菜
  • きゅうりやうりの仲間は体を冷やす寒の野菜です。解熱、止渇、利尿の作用が   ありますがとりすぎないようにしてください。
  • 土の中で育つ、にんじん、にんにく、しょうがなどは温の性質をもつ根菜になり これらを使うことで体を温めるので冷え症の人には最適です。
  • セロリは整腸、強壮薬として食べられてきました。寒の性質をもち 血圧を下げる精神を落ち着かせる、血圧をサラサラにするなど様々な効能が 期待でき二日酔いにも効果的です。
  • かぼちゃは温の性質をもち、さらにカロテンを豊富に含む食材です。 粘膜を強くして風邪などのウイルスに対する抵抗力もつけることができ、 冷え症の人にもたくさん取り入れたい食材です。

 

 

5-3.果物の意外な事実
  • 基本果物は体を冷やす食べ物が多く、ナトリウムやマグネシウムが多いので 食べ過ぎると体内のカルシウムが奪われます。適量を日中にとりましょう。
  • 特に最近の果物は糖分や水分が多く含まれているものがあるので   ビタミン源にはなりにくくなってきているようです。
  • 冷え症で虚証の人ほど果物な好きな傾向があるようです。裏を返せば元々の 冷え症体質はいないので果物などの寒の食べ物をとりすぎているが故に   冷え症になったという方が正しいでしょう。

 


6.無理なダイエットしていませんか?

alpha-20537770_fhd

 

現代人が太ってしまう原因は食べ過ぎからくることが多いので、基本的には

バランスのとれた食事を少なめにすることが健康づくりのポイントです。

 

ただし、無理なダイエットは体のバランスを崩し冷えが入り込む原因ともなります。
痩せたい人は、健康のことはそっちのけで手っ取り早く「食べない」などの

方法をとりがちです。

 

それではいくら減量に成功したとしても栄養不足になります。

燃やすエネルギーの不足が続くと体の方は、脂肪を燃やさないことになれ、

体は冷えていきます。

 

ということは、食べないことで見た目は痩せても脂肪が燃えていないので

体脂肪率が高い「隠れ肥満」ということになります。

おまけに栄養不足で肌荒れの原因にもなります。

 

これでは「健康的に綺麗に痩せる」ということからはかけ離れています。
隠れ肥満の主な原因としては朝食を抜いたり食事が不規則なことがあげられます。

いずれにしても代謝する力が落ちて、かえって脂肪を貯めやすくする体になります。

 

極端に食事の量を減らすダイエットは、体を冷やすだけでなく

隠れ肥満体質にもなるのです。

 

6-1.健康的に痩せるためには?

 

健康的に痩せたいのであれば、脂肪が燃えやすい体にすることを考えましょう。

それにはエネルギーの元となる食事をきちんととって、筋肉を動かすことが

効果的になります。人の筋肉は70%は下半身にあるので、下半身を意識した運動、

ウォーキングストレッチなどで筋肉を動かすと良いでしょう。

寒い日でも、体を動かすとポカポカ体が暖かくなることがありますが

それは筋肉が動くときに熱が発生する為です。ですから、体が暖かくなれば

血流もよくなり免疫力も高まるということです。

 


 

1000maiomeome_tp_v-1

 

冷え性(冷え症)でお悩みの方へ

 

  • 末端が冷たい
  • 寒くて寝付きが悪い
  • めぐりを良くしたい
  • 夏でも冬でも冷える
  • 下半身があたたかくならない
  • 美容トラブルが出る
  • すぐだるくなり、やる気が出ない
  • 体型が気になる

 

これらの悩みを解決してくれるサプリメントに

あなたは興味ありませんか?

 

詳しくはこちら